テクニカル分析入門3上手な負け方、余計な心理

テクニカル分析入門3上手な負け方、余計な心理

私がテクニカル分析を勧める理由は
上手な負け方を覚えて欲しいからです。

では、上手な負け方と何なのでしょうか。

投資家であれば、誰もが利益を最優先に考えるはずです。

負ける事など全く頭に入れないでしょう。

強烈なキャッチコピーのある雑誌を手に取り、
一攫千金を手にするために投資の世界に飛び込んできたはずです。

現実はどうですか。

一攫千金を勝ち取りましたか?

資産を何十倍にも増やしましたか?


ほとんどの方が、「NO」と答えるはずです。

なぜなら、個人投資家のほとんどが
多額の損失を被っているとの確かなデータがあるからです。

夢を見ているだけでは叶いません。

一歩踏み込んで、何らかのアクションを加えていかないと・・・。

そこで上手な負け方が出てくるのです。

負け方を知っている人は非常に打たれ強いです。

それは負けた時の対処法を知っているからです。

負けた時にどのような事態が起こり、
どのような精神状態に陥るかも全て知っているからです。

これは負けるための投資法ではありません。

勝つための究極の投資法なのです。

負け方が分かっていれば、
その逆の発想で望めば容易に勝てるのです。

最初から勝ち方が分かっている人間はいないでしょう。

誰でも負けから入るのです。

しかし、ここで問題があります。

実は、多くの個人投資家が
自分の負けを認めていないのです。

すると、どんどん多額の損失が膨れ上がり、
短期間で投資の世界から立ち去る事になってしまうのです。

負けを認められない人の多くは、
全体を把握出来ていない点にあります。

自分自身がどこに立っているのかすら
理解していないのです。

負けを認めたくないと言うよりも、
負けている事に気付いていないのです。



「銘柄を買った瞬間に下落した」

「銘柄を売った瞬間に上昇した」


このような経験をお持ちの方はいませんか。

恐らく、ほとんどの投資家が経験した事があるでしょう。

では、なぜこのような経験をしてしまうのでしょうか。

それは、人間の余計な心理が邪魔をするからです。

人間の余計な心理とは、

「まだまだ上昇する」や「絶対にここから反発する」等の
人間本来の願望や欲望の心理です。

もともと人間は欲張りな性格であるために、
ここを根本的に直すのは不可能に近いです。

皆さんは、勝率9割と勝率2割のどちらが
投資で成功する投資心理であると思いますか。

一般的には勝率9割を目指す投資法を選択するでしょう。

コンスタントに2万円/日を稼げれば
1ヵ月で(2万円×18日)−(2万円×2日)=32万円となります。

逆に、これをそのまま勝率2割に当て嵌めれば、
(2万円×4日)−(2万円×16日)=−24万円となります。

これだけでの数字で判断すれば
誰もが勝率9割の投資法を選択するでしょう。

しかし、現実は甘くありません

コンスタントに一定の利益を上げる投資法を
身に付ける事は非常に困難です。

一体、何を根拠に一定の利益を確保できると
考えているのでしょうか。

多くの投資家がメディアの強烈なキャッチフレーズを見て、
株式投資の世界に足を踏み入れます。

PERやPBR、そしてROE等。

これらの指標は銘柄の割安を判断する指標として、
未だに多くの投資家が真剣に取り組んでいます。

これで割安銘柄が本当に見つけられるのかを
説明する必要は無いでしょう。

まず、不可能ですから。

PER計算式:「株価÷1株利益」

PBR計算式:「株価÷1株株主資本」


PERとは、株価が1株利益の何倍かを表します

PBRとは、株価が1株株主資本の何倍かを表します

このように見ると、如何にも簡単に割安銘柄を見つけられて、
なおかつ利益が得られるように思われます。

ところが、これで実際に利益を得た投資家を
聞いた事がありません。

なぜなら、国内銘柄は全て割高になっているからです。

PER等は割高銘柄の中から割安銘柄を探しているだけなのです。

これでは一生懸命銘柄を探すだけ時間の無駄です。

本当の投資法はそこに無いのです。

posted by テクニカル分析入門 at 09:49 | Comment(0) | テクニカル分析入門3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。